安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

腫れない!痛くない!福岡の二重整形優良クリニックガイド

おすすめ美容外科を比較したランキングはこちら! 初めての二重整形でも 安心して任せることができるクリニックはこちら!
HOME教えてほしい!二重整形Q&A
二重手術を受ける前に気をつけたいこと

二重手術を受ける前に気をつけたいこと

1979年の日本人の55.4%が一重瞼、33.0%が二重瞼という結果だったものが現代では女性の3分の2が二重だったという調査結果※1もあります。それだけ二重手術が浸透しているという証拠でもあるでしょう。

このページでは二重手術を受けるときに注意するポイントを「カウンセリングを受けるとき」「手術を受けるとき」に分けて解説しています。カウンセリング時の注意点や手術時の注意点もまとめていますので、二重手術をする際、参考にしてみて下さい。

※1 山田 雅子目と瞼の対人魅力 一重瞼と二重瞼に関する意識の変遷

カウンセリング時に注意すること

二重手術を受けるときはいきなり手術とはなりません。まずはカウンセリングからスタートします。そのときに、気をつけておきたいことがいくつかあります。ちょっとしたことですが、気をつけておかないと仕上がりに影響が出ることもあるので大切なことです。

カウンセリング前にむくみを取る

カウンセリングを受けるときは極力自然な状態で受けたいもの。医師は理想の二重を作るためにカウンセリング時にまぶたの厚さ、幅などをチェックします。このときに、むくみがあったりすると本来のまぶたの状態が分かりません。

こうすると施術方法が決まらない、二重のラインの場所が決まらないといったことになる可能性もあります。

まぶたがむくむ原因は以下のようなものが考えられます。

  • 寝不足や疲労
  • お酒の飲み過ぎや辛いものの食べ過ぎ
  • 泣いてしまった

寝不足や疲労はむくみの原因になり、顔全体に水分が溜まったような顔になります。また、不規則な時間帯の睡眠も良くありません。睡眠時間は7時間~8時間は取るようにして早寝早起きを心がけましょう。

アルコールや香辛料もむくみの原因になります。とくに飲み過ぎてしまう人は注意が必要です。寝酒も良くありません。寝る前に食事を取るのも避け、早めに夕飯は済ませてしまったほうがよいでしょう。

映画やドラマで号泣してしまった。悲しい出来事があって泣いてしまった後はまぶたが腫れてパンパンになってしまいます。感動物の映画やドラマは意識的に見ないようにしましょう。トラブルも避けて精神的に安定した状態を心がけましょう。

日頃からむくみやすい人は体を冷やさない、白湯などで体を温めながら水分補給、塩分を取りすぎないという工夫もしてみましょう。

理想の二重をイメージして伝えられるようにする

言葉だけで自分の理想の二重を伝えることは難しいです。また、漠然と「二重にしたい」では術後の仕上がりを見てがっかりする可能性もあります。自分の理想の二重はしっかりイメージしておくこと。

クリニックでは症例写真などが用意されていることもあり、自分のイメージに合った写真を選ぶことも可能です。可能であれば、芸能人や女優さんの写真などを用意しておくと話が早いでしょう。

眉毛は整えておく

意外に重要視されていないのが眉毛の形です。なんで眉毛が二重手術に関係あるのかと思われるかもしれませんが、眉毛は目の大きさ、バランスに多大な影響を与えます。眉毛によって左右のバランスも変わってしまうほどです。眉毛と目の距離感によって二重のラインを決めるのでベストの場所で二重ラインを作るためにも眉毛は整えておきましょう。

自分で上手くできる自信がなければ美容室に行けば美容師さんがキレイに整えてくれます。必ずベストの位置を見つけるために眉毛はかなり重要です。

保証制度があるか確認する

理想の二重に一発でなるとは限りません。事前のカウンセリングでイメージを共有できていなかった、実際に二重になってみたらなんか違った、ということは起こります。この場合に補償制度があると安心です。

補償制度があるからといって、こちらが望めば再手術してくれるというわけではありません。クリニックが定めた条件に合致すれば再手術ということになります。クリニックによっては補償制度の適用条件や期間は異なりますが、どのようなときに利用できるのかはしっかり確認しておきましょう。

相談したいことはメモにまとめておく

カウンセリング当日は緊張してしまって自分の考えがうまくまとめられず、効きたいことを忘れてしまったり、自分の思いを伝えられなかったりしてしまう人も多いです。そのためにも事前に相談したいこと、伝えたいことはメモにまとめておきましょう。

手術当日に注意すること

手術当時にも注意することはあります。準備万端で手術に臨みましょう。

入浴を済ませてからクリニックへ向かう

手術後はシャワーくらいなら許可が出ますが、麻酔の効きすぎて気分が悪くなってしまってシャワーどころではなくなる可能性もあります。術前に入浴を済ませておいて、術後は家に帰ってきてゆっくり安静にできるようにしておくと良いでしょう。

保冷剤を持参する

術後は保冷剤を使ってまぶたを冷やすと腫れが引きやすくなります。家に着いてからではなく帰宅中でも冷やせるようにしておくと良いでしょう。ただし、むき出しの保冷剤を当てていると目立つ上に冷やしすぎてしまうのでタオルで保冷剤を巻いておいたほうが良いです。

ノーメイクで出かける

手術のときはもちろんメイクをしていてはいけません。通常はノーメイクででかけてそのまま手術を受けますが、クリニックに着いてからメイクを落とすことも可能です。アイプチなら良いかと思う人もいるかもしれませんがアイプチも外していきましょう。

日頃からむくまないようにこころがける

カウンセリングのときと同じようにむくみは手術の天敵です。手術日の当日はもちろん、数日前からむくまないように心がけておきましょう。手術日当日になってむくんでしまうと理想の二重に近づく確率が激減します。これはいかに腕の良い医師でも成功する確率は落ちてしまいます。