安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

腫れない!痛くない!福岡の二重整形優良クリニックガイド

おすすめ美容外科を比較したランキングはこちら! 初めての二重整形でも 安心して任せることができるクリニックはこちら!
HOME教えてほしい!二重整形Q&A
アイプチでトラブルのあるまぶたも二重整形ができる?

アイプチでトラブルのあるまぶたも二重整形ができる?

アイプチは危険だって知ってますか?

二重まぶたにしたいと思っている人たちが、まず試してみるのがアイプチやアイテープではないでしょうか。美容整形で二重整形の手術にするとなるとかなり勇気が必要ですし、アイプチやアイテープならリーズナブルで気軽に試して見られるのが魅力です。

そしていつでも、もとに戻せる安心感があります。ところがアイプチやアイテープは皮膚をくっつけて二重をつくり、ちょっとした汗やまぶたの動きでは、はずれないようにできています。つまりそれだけ強力な接着成分が含まれているということです。

アレルギー体質ではなくてもアイプチにひそむ危険

もともとアレルギー体質の人はすぐかぶれたり、かゆくなって継続的に使用することは不可能かもしれませんが、アレルギーが出たことがない人が自分は大丈夫だと思って長年使用していると、徐々にですが、影響が出てきます。一番アレルギーの出やすいアイプチやアイテープの成分はゴムラテックスやアクリル系接着剤と言われます。

このような成分はゴム手袋や接着剤にしようされているものですから、お肌に長時間つけていれば なんらかの影響が出るのは想像できます。最近はゴムラテックスなどの有害成分を使用せず、美容成分を配合したお肌に優しいアイプチも出ていますが、まぶたの皮膚は他の身体の部位に比べてずっとデリケートですから注意が必要です。

アイプチでまぶたが腫れてしまう

多くの美容整形医によると、アイプチやアイテープの利用が原因でまぶたの皮膚が荒れてしまったために相談に来る患者の数が、最近増加の傾向にあるそうです。

まぶたの皮膚が荒れると皮膚がのびてしまい、たるみが出る上、まぶたの上のしわも増えます。もともとかぶれにくい人であっても、長年アイプチを使用しているとかぶれが出始めます。まったくかぶれない人はいないと言ってもいいでしょう。 またかぶれた皮膚はだんだんかたくなり、まぶたがさらに厚ぼったく見えてきます。

まぶたの皮膚が荒れてきたら、アイプチやアイテープをやめてしまえば、ある程度は皮膚の回復がみられます。しかしある程度かたくなった皮膚やのびてしまったまぶたは完全に元の状態にもどらない場合もあります。

まぶたのたるみはほかの問題の原因にも!

アイプチやアイテープでかぶれてしまっていると、かゆみなどで目をこすってしまう傾向があります。毎日目を何度となくこすっていると、物理的な刺激のくりかえしによって上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という目の裏側にある筋肉にある挙筋腱膜(きょきんけんまく)と呼ばれる部分が瞼板(けんばん)からはずれてしまいます。

その状態が眼瞼下垂(がんけんかすい)で、まぶたが垂れて眼球の上をおおってしまいます。『上まぶたのたるみ ~眼瞼下垂~』によると、眼瞼下垂は見た目だけの問題ではないようです。

参考:『上まぶたのたるみ ~眼瞼下垂~』独立行政法人労働者安全機構・労災病院(形成外科部長・荻野 浩希)

眼瞼下垂が原因で、頭痛や肩こりが慢性的に起きたり、自律神経異常などを引き起こすこともあります。眼瞼下垂の手術をして、視野も明るくなり、頭痛や肩こりからも解放され、さらに目も大きくきれいになったという報告もあります。

アイプチでのびきったまぶたでも二重整形手術はできるの?

アイプチやアイテープでのびきって垂れ下がってしまったり、皮膚がかたくなってしまったりしているまぶたも、二重整形手術できれいな二重まぶたにすることは可能です。もちろん伸び切ってしまう前の施術のほうがずっとラクで簡単ですから、まぶたがかたくなる前に決心したほうが手術もスピーディーでリーズナブルに行われるでしょう。

アイプチやアイテープによってどの程度まぶたの皮膚がそこなわれているか、それぞれのまぶたの状態で施術方法も変わりますから、クリニックの医師にカウンセリングをしましょう。まぶたの皮膚があまりにのびきっていたり、かたくなっている場合は埋没法は難しいかもしれませんが不可能ではありません。埋没法のほうがダウンタイムも短く安心だと思うならば、医師としっかり話し合うことが肝心です。

埋没法ですと切開法にくらべ二重の幅をあまり大きくできないかもしれません。それでもアイプチでまぶたがたれてしまった状態よりは目もぱっちりとなり、メリットがたくさんあります。 また伸び切った皮膚が多い場合は切開して取り除く、「全切開」という方法を取り入れる場合や眼瞼下垂の手術もともなう場合などもあるので、どのような手術が自分に一番あっているのかしっかり医師と話し合うことが必要です。

自分の身体のことですから妥協せずに、きちんと説明してくれるクリニックの医師に施術をお願いしましょう。施術前に完全に納得してから決心しないと後悔します。福岡には信頼できる美容整形クリニックがありますから、まずカウンセリングをしてみてはいかがでしょうか。