安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

腫れない!痛くない!福岡の二重整形優良クリニックガイド

おすすめ美容外科を比較したランキングはこちら! 初めての二重整形でも 安心して任せることができるクリニックはこちら!
HOME教えてほしい!二重整形Q&A
どんな手術法があるの?

どんな手術法があるの?

二重整形の代表的な手術方法は切開法と埋没法です。この2つの手術法の特徴とかかる費用について紹介します。

二重整形・埋没法の方法と費用

埋没法は、細い糸でまぶたの裏側から1〜数ヶ所をとめて二重を作る方法。手術時間も5〜30分程度で、痛みもほとんどありません。腫れも術後に少しある程度です。

仮にイメージと違う二重ができてしまった場合、糸を外せば元に戻せるのがメリットです。しかし、人によっては二重の形が安定せず、次第にとれてしまう場合も。よりしっかりとした二重を作りたい場合は複数箇所を糸で止めるといいでしょう。

【埋没法のデータ】

  • 手術の時間:5〜30分
  • 腫れが治まるまで:術後でもごくわずかの腫れがあるだけ
  • 費用:6〜10万円

二重整形・切開法の方法と費用

切開法とは、まぶたの余計な脂肪を取り除いてから縫い合わせる方法のこと。よりクッキリとした二重を作れるだけでなく、自分が理想とする二重の幅も求めることが可能です。また、埋没法ではきれいな二重を作ることができない人にも向いています。

切開法は埋没法とは異なり、永久的な二重を手に入れることができます。何度も施術を受ける必要がないのはメリットといえるかもしれません。

デメリットは、術後の腫れが治まるまでにある程度の時間がかかることや、埋没法のようにやり直しがきかないこと。また、手術の時間や費用も埋没法よりかかります。

【切開法のデータ】

  • 手術の時間:20〜40分
  • 腫れが治まるまで:1週間〜1ヶ月
  • 費用:25〜50万円

どちらの方法がいい?

埋没法で二重がとれてしまうのは、腫れぼったい目の人、まぶたの皮膚が厚い人などのようです。つまり、まぶたの脂肪が少なく、皮膚が薄い人であれば埋没法でもクッキリとした二重を作れる可能性があります。

また、まぶたが腫れぼったくても、数ヶ所をとめる埋没法を選べば、簡単に二重が取れることはないようです。

二重まぶたを永久的に保ちたい人は切開法が向いていますが、やり直しがきかないことや費用が高額なこと、腫れが治まるまでが長いことを考えると、初めて二重まぶたにする場合は、埋没法のほうがおすすめです。

埋没法でできた二重のラインが気に入ったときに、そのラインを活かして切開法を受けるという流れが理想的ではないでしょうか。

埋没法と脂肪除去を組み合わせた手術を提案してくれるクリニックもあるようですし、じっくりと相談できるクリニックを選び、自分の目に合った方法を選ぶようにしましょう。