安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

腫れない!痛くない!福岡の二重整形優良クリニックガイド

おすすめ美容外科を比較したランキングはこちら! 初めての二重整形でも 安心して任せることができるクリニックはこちら!
HOME教えてほしい!二重整形Q&A
二重整形してバレませんか?

二重整形してバレませんか?

二重整形後のダウンタイムや整形がばれないコツについて解説します。

二重整形のダウンタイムって?

ダウンタイムとは、手術を行なって傷ついた部分が元に戻るまでの期間のことを言います。二重の手術を行なうと目は腫れますが、その腫れがおさまるまでの期間のことだと思っていただいていいでしょう。

二重整形のダウンタイムは、切開法と埋没法では次の通りです。

  • 切開法:1週間〜1ヶ月
  • 埋没法:長くても数日

ご覧のように埋没法のダウンタイムに比べると切開法は長期間で、期間に幅があります。手術の内容によっても異なりますし、傷の治りは個人差があるためです。

対して埋没法は、手術直後から傷跡はほとんど目立ちません。

二重整形がばれないコツ

二重にすることをためらってしまう理由として挙げられるのは「周囲にバレてしまうから」というもの。ですがまぶたの整形は、本当にバレるのでしょうか?

最近は、メイクでいかに顔が変わるか、ということが知られてきているので、「メイクを変えた」と言えば通用してしまう可能性は十分にあります。

実際、成長したり年齢を重ねることで二重のラインができることもありますから、「ビューラーでカールをしっかりすると二重になるの」とごまかすことも可能でしょう。

また、手術で二重にしたいと考えている人は、普段からメザイクやアイプチを使っておくことで顔の印象が変えずに済みます。

整形がバレる原因としては、以下が考えられるでしょう。

  • 術後の傷跡が目立ったり、腫れている。
  • あまりにも以前と目の印象が違う。

術後の傷跡については、とくに切開法だとダウンタイム期間は目立ちます。術後数日は腫れもあるので、週末や休暇が取れる時期に行なうのがいいでしょう。

二重整形の直後に見られる症状と対処法

二重整形を受けた直後に見られる症状には、主に以下のようなものがあります。対処法と併せて知っておきましょう。

内出血

埋没法などで使う糸をかける針や、麻酔の針などが瞼の血管を傷つけてしまうことで発生するのが内出血です。

初めは二重のラインに沿って赤紫色に変色するため目立ちやすいですが、時間が経つと共にだんだん黄色くなって消えていくので安心して下さい。

それでも気になるという人は、手術後の腫れが残る3~4日間は瞼を冷やし、それから温めるという方法を試してみるといいです。

最初から温めると症状を悪化させてしまいますし、逆にずっと冷やしたままだと治りが悪くなってしまうので気を付けて下さい。

内出血している患部を温めるには、ホットタオルを使うといいでしょう。水に濡らしたタオルを軽く絞ってレンジで熱するだけなので、とても簡単にできます。レンジで熱するときのポイントとしては、600Wの熱で1分くらいを目安に加熱するといいです。

また、すぐに乗せると熱いので、少し冷ましてから瞼に乗せるようにして下さい。これを何度か繰り返すうちに、内出血の症状は次第に和らいできます。

腫れ

手術直後は、局部麻酔の影響で瞼が腫れてしまうことが多いです。手術による腫れは数時間で治まるものの、次は炎症によって腫れてしまうこともあります。

特に手術を行った後の3日間はこの炎症による腫れが強いため、きちんと冷やして安静に過ごすことが大事です。激しい運動やサウナ、熱いお湯での入浴、飲酒などは、血行が良くなり腫れを悪化させてしまうため、避けるようにしましょう。

また、患部を冷やすと炎症を抑えられるので、瞼の腫れも良くなります。凍傷の危険性を防ぐために、タオルにくるんだ氷やアイスノンを使って冷やすのがおすすめです。このようなケアを術後1週間程度行うことで、腫れの症状を最小限に抑えることができます。

術後から1週間経過すると、このようなケアはあまり効果を発揮しなくなるので、薬を塗って腫れが治まるのを待つのみになります。そのため、人にバレないために腫れの治りを早くしたいなら、術後1週間のケアがとても大切になるのです。

施術の直後~1週間の過ごし方に気を付けよう

施術直後から1週間後までの期間をどう過ごすかによって、腫れや内出血などの症状の治り方が変わってきます。人にバレたくないなら、正しい過ごし方を知って早めに治しましょう。

施術中

二重整形の施術で瞼が腫れないようにするには、術後だけでなく施術中から気を付けておくことが大切です。

特に初めて施術を受ける場合、緊張して瞼に力が入ってしまいがちですが、実はこれは内出血を引き起こす原因になるのです。そのため、瞼の腫れを防ぎたいなら、力を抜いてリラックスしながら施術を受けることが大事です。

身体の緊張を解くのは難しいですが、深呼吸をするとリラックスしやすくなります。緊張しやすい人は、施術の際に深呼吸をするタイミングをスタッフに聞いてみるといいでしょう。

施術中に瞼に力が入っているかどうかでも、術後の腫れ具合は大きく変わってきます。

施術直後

施術直後は、麻酔によって瞼が腫れているので、冷やすことが大事です。クリニックでも施術が終わった後冷やしてくれますが、5~10分程度と短いので帰宅してから自分でも冷やすようにしましょう。

直接瞼を冷やすと凍傷になる可能性があるので、こめかみや瞼よりも少し上辺りを冷やすのがポイントです。アイスノンや氷で冷やすのもいいですが、ケーキなどについている保冷剤で冷やすのもいいでしょう。

保冷剤だとコンパクトで持ち運びに便利なので、クリニックに持参して帰宅途中の車や電車の中で冷やすという方法もあります。腫れはだいたい術後2~3日程度で引きますので、冷やすのはその期間だけで大丈夫です。

傷のケアをきちんと行なおう!

二重の幅を大きくしたり、脂肪を多めに取り除いた手術は、どうしても顔の印象を変えてしまいます。そのため「バレたくない!」と思うなら、埋没法を選んだり、自然な幅を選ぶといいと思います。

ドクターの技術力もポイントです。左右の二重の幅が異なったり、糸や傷跡が目立つ手術を受けてしまったことで整形がバレてしまうからです。そういった意味でも、技術力があり信頼できるクリニックを選ぶ必要があります。

術後は、軟膏を塗るなど傷跡をしっかりケアすることが重要です。傷がキレイに治れば、より整形はバレにくいというのは間違いありません。