安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

安心して二重整形できる福岡の美容外科まとめサイト

腫れない!痛くない!福岡の二重整形優良クリニックガイド

おすすめ美容外科を比較したランキングはこちら! 初めての二重整形でも 安心して任せることができるクリニックはこちら!

ひかえめナチュラル二重

すっぴんやナチュラルメイクでも違和感のない自然な二重にしたいなら、埋没法がおすすめ!こちらでは自然な二重整形ができる埋没法のメリットをご紹介します。

自然な二重整形を目指すなら埋没法!

一重まぶたで小さな目の人が突然パッチリ二重で人形のような大きな目になったら、顔の印象はかなり変わるでしょう。

そこまでイメージを変えたくない、バレバレな二重はイヤ、自然な二重にしたいという人におすすめなのが埋没法。すっぴんやナチュラルメイクでも違和感がない二重整形ができる施術法なのです。

とくに、初めて美容整形をする人なら、埋没法がだんぜんオススメです。埋没法は糸をまぶたの裏側から1〜数点とめる方法で、気に入らなければ糸を取り外し、元の目に戻すことができるからです。

埋没法で気に入ったラインが出来上がったら、そのラインをもとに切開法に切り替えるというのが理想的です。

二重整形の埋没法のメリット

埋没法のメリットは、まだまだあります。

  • 費用が安い
  • 手術に恐怖感を覚えなくて済む
  • 手術が短時間で済む
  • 腫れにくい
  • 痛みが少ない
  • ダウンタイムが短い
  • 傷跡が目立たない

ただし、デメリットがないわけではありません。永久的な二重のラインを作ることが難しいタイプの人がいたり、二重の幅がさほど広げられないなどの欠点もあります。

埋没法はどういう施術なの?

二重の手術には色んな方法がありますが、埋没法はどのような手術なのでしょうか。

埋没法の施術方法は主に2通り

  • 瞼板法

    目の瞼の裏には、瞼板があります。ここに糸を通す手術方法が「瞼板法」です。

  • 挙筋法

    目の瞼の奥にある、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)に糸を通す手術方法が「挙筋法」です。

瞼板法と挙筋法の違いとは?

  • 抜糸のしやすさについて

    「挙筋法」は、瞼の奥に糸を通すので、抜糸をする際は「瞼板法」の方が簡単です。

    また、埋没法は手術後の時間が経過していなければ抜糸はしやすく、経過後だと糸が組織に埋もれ取りにくくなる可能性が高くなります。

  • 手術時間やダウンタイムについて

    手術時間は両方ともあまり変わりませんが、「瞼板法」は「挙筋法」に比べて腫れが少ないです。

  • 眼球へのリスクについて

    目は傷つきやすい箇所です。眼球への危険性が低い手術方法は「挙筋法」です。この手術方法は、瞼の奥にある眼瞼挙筋に手術をするので、目を傷つける危険性は低くなります。

    しかし「瞼板法」は、瞼板が瞼の手前にあるため、糸が目にあたり眼球を傷つけてしまう可能性があります。

実際に埋没法で二重になった人の体験談

ここでは、実際に埋没法で手術をした方の体験談を紹介します。

『想像していたよりも全然痛くありませんでした。(20代/女性)』

注射も嫌いな私ですが、コンプレックをなくしたいため整形手術を決意しました。なかなか不安が解消されず、何度も何度もカウンセリングで相談しました。クリニックの先生は丁寧に説明や相談に乗ってくれたので、とても安心しました。手術の時は、怖かったけど声を掛けてくれて不安もどんどんなくなり、リラックスしてできました。想像していたよりも、全然痛くありませんでした。3日後には腫れもひき、綺麗な二重になったので嬉しいです。

『事前に二重のシミュレーションができたのは良かったですね。(30代/女性)』

クリニック選びは慎重に行ないました。大手のところでなくてもしっかりと実績のある方を探し、信頼できるお医者さんだったので、手術をお願いしました。手術後の目をイメージするのはなかなか難しいですが、事前に二重のシミュレーションができたのは良かったですね。想像通りの目元になって満足しています。今では、お化粧するのも楽しくて手術して良かったです。

埋没法が向かない人っているの?

最近では数ヶ所をとめたり、特殊なとめ方で糸がほどけにくい埋没法も登場してきています。さらに、脱脂法(脂肪を取り除く施術方法)と組み合わせることで、切開法に劣らないクッキリした目もとが作れる場合も。

まぶたの腫れぼったい人や皮膚の厚い人は埋没法ができないと言われていますが、こちらも脱脂法と組み合わせることで埋没法が選べる可能性もあります。

まずは経験の豊富なドクターを探し、目のタイプをしっかり診断してもらってから、どのような施術を行うかを相談してみましょう。